インフルエンザ予防接種の予約はこちらから

臍ヘルニア(でべそ)

臍(へそ)ヘルニアとは、俗に言う「でべそ」の事です。

乳児健診で指摘された、赤ちゃんやお子様のでべそが気になるお母さんお父さんへ。

治療方法などご紹介します。

目次

臍ヘルニアとは?

臍ヘルニアは、へそが突出した状態でその中に腸管が飛び出した状態です。

もともとは、お母さんのお腹の中で赤ちゃんは臍の緒で胎盤に繋がっている状態です。

生まれた後、不要になった臍の緒はクリップで血流が遮断され、その後乾燥して取れます。

へそが完全に出来上がるまでに臍ヘルニアが発生します。

臍ヘルニアは新生児10人に対して約1人に発生します。

臍ヘルニアは放置しても80%が、2年で90%が自然に治ると言われており、少し前までは経過観察することが多かったようです。

臍ヘルニア(でべそ)の治療方法は?

近年になって治療法の効果が見直され、圧迫療法を行うことにより、臍ヘルニアが早く治ることが認められています。

圧迫療法はヘルニアが小さいほど早く治る傾向があり、また治療開始時期も大切で生後早いほど効果は高いと言われています。

経過観察または圧迫療法で治らなかった場合や美容上の問題があった場合は、1~2歳頃に手術を行います。

当院では圧迫療法を行っています。

お子さんのおへその形が気になるパパママはお気軽にご相談くださいね。

>> 小児科ページへ

目次
閉じる